税務顧問のサービス案内

税務顧問のサービス案内

顧問内容

ご契約のプランによって異なりますが、基本的に会計・税務顧問の内容は下記のようになります。

経営分析

毎月又は数ヶ月に一度、試算表を基に、資金繰り、前期比較、損益分岐点分析などわかりやすいグラフか経営分析を行います。
経営者の想いや計画をヒアリングし、経営者が経営判断を一目で行うことできる資料や情報を提供します。

記帳代行

希望により自社で会計入力ができないお客様は記帳代行を行います。
頂いた資料から経費は細大漏らさず適切に入力し、お客様の事務負担を大幅に減らし、本業に専念できるようにします。

決算対策

試算表から決算予測表を作成します。
決算前に利益の予測を行い、適切な節税対策や銀行融資の対策を練ります。
決算後には適切な役員報酬の決定などの対応もします。

融資対策

資金繰りのための融資の相談を行います。
金融機関のご紹介から融資を受けるためのサポートを行います。
融資対策からアフターフォローまで行います。

決算書、申告書の作成

毎期の決算書、法人税申告書、消費税申告書、地方税申告書の作成を行います。
これらの申告書以外に、異動届など各種届出書の作成も行います。
希望により年末調整事務、償却資産税の申告書も対応します。

税務調査対応

税務調査の立会いも対応できます。
税務調査の事前対策から税務調査官との交渉、事後の修正申告書の作成までお手伝いさせて頂きます。
お客様が安心できるよう、しっかりサポートさせて頂きます。

相談、その他

その他、税務関係、税務付随関係についてはご相談頂けます。
適切なアドバイスや、他士業の専門家の紹介も無料を行っています。
お気軽にご相談頂けます。

一年間の流れ

ご契約のプランによって異なりますが、基本的に1年間の会計・税務の内容は下記のようになります。

01.月ごとの経営状態や経営成績のご報告

01.月ごとの経営状態や経営成績のご報告
毎月又はコースによっては4半期に一度、領収書、通帳のコピー、請求書等から試算表を作成します。
出来上がった試算表から会社の経営状態や経営成績などをご報告します。
ここで、企業の財務分析を行い、改善策をご提案させていただきます。

02.源泉所得税の申告・納付

02.源泉所得税の申告・納付
毎月又は6ヶ月に一度、源泉所得税の申告・納付がございます。
役員様・従業員様の給料の税金や報酬の税金をを計算します。
計算後は翌月10日まで(6ヶ月に一度納付の場合、1月納付のみ1月20日まで)にご納付頂きます。

03.中間申告書の申告・納付

03.中間申告書の申告・納付
中間の法人税や地方税、消費税等の申告・納付がございます。
中間申告については前事業年度の申告内容により、申告・納付の必要がない法人もあり、申告が必要な法人であっても申告時期や金額が異なります。
申告書・納付書を当事務所が作成し申告、納付書はお渡しさせていただきます。

04.年末調整、法定調書合計表等の提出

04.年末調整、法定調書合計表等の提出
12月、1月に年末調整、給与支払報告書、法定調書合計表、償却資産税申告書の作成や申告があります。
従業員様から生命保険料控除証明書等取り寄せて頂き、年末調整で税金の過不足を計算します。
その後、市町村へ住民税計算の為に給与支払報告書を作成し、提出します。
他に、税務署に給与の支払総額や不動産の調書等記載した法定調書合計表を市町村へ償却資産の申告を行います。

05.決算の税額予測表の作成

05.決算の税額予測表の作成
おおむね、決算3ヶ月程度前に税額の予測を行います。
ここで、節税対策やご提案を行い、当期の予測を立てます。
これで決算後の資金繰りに慌てなくてすみます。

06.決算書の作成・申告

06.決算書の作成・申告
いよいよ決算です。
1年間の最終的な利益を算出し、法人税、地方税、消費税等の金額が確定します。
決算書・申告書一式を作成し、申告書を提出、納付金額を納付し、一つの期が終了します。
その後は決算書・申告書のお控えをお渡しさせて頂きます。

07.次の事業年度の打ち合わせ

07.次の事業年度の打ち合わせ
決算書を基に、次の事業年度の計画を立てます。
業界や事業の予測をし、役員報酬の決定等重要な事項を決めていきます。
適切なアドバイスをさせて頂きますので、新しいスタートを切りましょう!

PAGE TOP